ケアマネジャー 合格率

ケアマネの合格率と最近の傾向

ケアマネージャーの資格の合格率はどのようになっているのでしょうか?実は合格率は年々低下している傾向があるようです。ケアマネージャーの試験は受験者は増えていっているようです。


介護法の改正により1人のケアマネージャーが管理できる人数の数が減った事で、募集人数も増える傾向があります。しかし、「ケアマネジャー自体に対して求められるスキルや知識の高さがあがってきている」といえるのです。


ケアマネージャー試験の合格率は20%台と難易度が高いように感じます。しかし、受験資格に達したからと試験対策もせずに受験してしまう人も多い現状だそうです。なので、実は数字は気にしなくていいかもしれません。試験対策をしっかり行って、試験に臨むことが大切なのです。


21年度の都道府県別、受験者数は、1位が大阪府11,297人、2位が東京都11,009人、3位が神奈川県8,056人、となっています。やはり、人口の多い地域が受験者も多く、需要も多いのではないかと考えられます。


ただ、合格率の順位は、1位が滋賀県25.6%2、2位が愛知県25.5%、3位が埼玉県25.1%となっています。過去の職業別合格者数を見ると看護士・准看護師の割合が高い傾向にありましたが、近年は介護福祉士の合格者数が増加傾向にあるようです。