特許出願 費用

一人でできる特許出願費用を無料にする方法とは?  特許出願マニュアル。

弁理士に依頼する場合

特許の出願を行う場合、弁理人に依頼する人も多いと思います。では、この弁理人とは一体どのような人なのでしょうか。


弁理士とは、知的財産権および知的財産権に関わるさまざまな権利の取得や権利をめぐる紛争等において法律で定められた様々な手続を、その権利者の立場に立って行う知的財産権の専門家の事を言います。


この知的財産権の中に特許権が含まれています。弁理人になるために必要な弁理士試験は、短答式と論文式の筆記試験および口述試験により行われます。論文式試験は短答式試験に合格した者に対して、口述試験は論文式試験に合格した者に対して行われます。


2002年度弁理士試験より、従来の弁理士試験とは受験資格、受験科目数等について大幅な変更があり、選択科目免除の仕組みも新しく導入されたそうです。選択科目免除の資格者は、それぞれの資格に対応した論文式試験の選択科目が免除されます。試験勉強の負担が軽減され、短期合格しやすくなったと言えるのです。


つまり、2002年から弁理士試験の合格者は、従来に比べ大幅に増員されたのです。この傾向は、しばらくは続くと考えられています。弁理士という職業において、クライアントから信頼を得て業務を遂行することが大切です。依頼する人も信頼できる弁理人を選ぶ必要があります。